薄毛・抜け毛・脱毛症の悩み解決!育毛対策室

男性型脱毛症の効果的な対策

脱毛症には様々な症状があり、症状別に対策が異なります。
男性に最も多い脱毛症を「男性型脱毛症」と言います。

男性型脱毛症


男性型脱毛症は、頭頂部から薄くなっていくタイプや額の生え際から後退するタイプがあります。
いずれも、髪の毛が完全に成長する前に抜けてしまい、生え変わるたびに髪の毛が段々と細くなり、結果的に頭皮が透けて見えるようになります。
原因はハッキリとは解明されていませんが、男性ホルモンや遺伝的要因が多いと言われていますが、最近ではストレスや食生活、生活環境などによる要因も多くなっています。

男性型脱毛症の効果的な対策

・有酸素運動を行ない血流を良くする
・頭皮マッサージを行う
・頭皮における過剰な皮脂の分泌を抑える
・栄養素としてはビタミンB2、ビタミンB6を多く摂取する
・脂肪分、アルコール、コーヒー、タバコ、糖分を控える
・バランスのとれた食生活をする
・規則正しい睡眠をとる
・育毛剤や育毛サプリメントを使用する

男性型脱毛症に限らず、育毛剤や育毛サプリメントを使用していても、食生活や生活習慣が乱れていると良い効果が得られませんよ!

送料無料の2個セット。育毛剤、発毛剤をお使いの方にもおすすめ!パルテノライド含有サプリメント!黒艶王【2個セット】
・黒艶王 ・2個セット(送料無料) ・3個セット(送料無料&割引)  黒艶王(くろつやおう) 黒艶王は、パルテノライドを含有するナツシロギクに、ミレットエキス、ケラチン、パントテン酸、亜鉛などを配合したサプリメントです。育毛剤、発毛剤をお使いの方に人気の成分を凝縮しました。特にパルテノライドに注目

・・・もっと詳しく見る!


安心・安全男女を問わず摂取して頂ける成分パルテノライドを摂取した全員が圧倒的スピード&発毛効果を実感!?安心・安全男女を問わず摂取して頂けます♪カプサイシン&イソフラボン同時摂取で毛乳頭が活性化!【来夢パルテノライド】
【来夢パルテノライド】名  称 ナツシロギク(フィーバーフュー乾燥エキス)加工食品原材料名 大豆胚芽抽出物(遺伝子組換で無い)、 ナツシロギク(フィーバーフュー乾燥エキス)、 植物精製加工油脂、赤唐辛子末、キビ種子乾燥エキス、 亜鉛酵母、昆布エキス末、ワカメエキス末、大豆サポニン、 カプサイシン、

・・・もっと詳しく見る!


送料無料2個セット。育毛剤、発毛剤をお使いの方にもおすすめ!パルテノライド含有サプリメント!来夢パルテノライド【2個セット】
・来夢パルテノライド ・2個セット ・3個セット ・5個セット 来夢パルテノライド 来夢パルテノライドは、パルテノライドが含まれるナツシロギクに、髪の源ケラチンを構成する18種のアミノ酸をバランスよく配合した健康食品です。 内容量 27.0g(300mg×90粒) 原材料 大豆胚芽抽出物(遺伝子組

・・・もっと詳しく見る!


posted by 育毛対策室 at 20:47 | 薄毛抜け毛対策の基礎

薄毛・抜け毛・脱毛症解消のための髪の毛の基礎知識

薄毛・抜け毛・脱毛症解消の前に、髪の毛の基礎知識があれば、今後の育毛も効率的でよい効果も出ると思いますよ!
まずは、髪の毛についての勉強です。

髪の毛の構造


髪の毛の成分はタンパク質であるケラチンで構成されています。
髪の毛の部分で頭皮の下に隠れている根っこの部分を「毛根」と言い、頭皮から上に生えている部分を「毛幹」と言います。
抜けた髪の毛をよく観てみると「毛根」の先に膨らんだ部分があります。
この膨らんだ部分を「毛球」と言います。
その「毛球」の内側には、毛細血管を通ってきた血液の栄養分を「毛母細胞」に渡す「毛乳頭」があります。
「毛母細胞」は、栄養分を受け取ることで細胞分裂を繰り返し、増殖して毛幹として頭皮から生えてくるのです。

毛幹の構造


「毛幹」は、中心から3層で構成されており、内側からメデュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、キューティクル(毛小皮)と言います。
メデュラは毛幹の中心部分で、細胞と共に多くの空気を含み栄養を吸上げます。
コルテックスは毛幹の内の大部分を占め、メラニン色素を含んだ繊維状の細胞で、メラニン色素の量で髪の色が決まってきます。
キューティクルはコマーシャルでもお馴染みですが、魚のうろこ状で毛皮質など髪の内部を保護する役目を担っています。

毛周期(ヘアサイクル)


健康で正常な髪の毛にも寿命があり、いつかは抜けてしまいますが、通常は抜け落ちても同じ毛穴からまた新しい髪の毛が生えてきます。
この生え変わりの周期を「ヘアサイクル」(毛周期)と言います。
ヘアサイクルは、成長期〜退行期〜休止期〜成長期へと移っていきます。

成長期は「毛乳頭」から栄養分を受け取った「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返し行うことで髪の毛が成長する期間です。
通常、男性で2年から6年、女性で4年から7年と言われています。
髪の毛全体の85%から90%が「成長期」の髪の毛で、残り1%程度が「退行期」、あとの9から14%が「休止期」です。

退行期は約2〜3週間で、「毛球」が小さくなるため栄養がいき届かなくなり、毛母細胞の分裂が衰えている状態です。

休止期は約2〜3ヶ月で、「毛母細胞」の活動が完全に止まって休んでいる状態です。
休止期になると髪の毛は自然に抜け落ち、健康な髪の毛の持ち主でも1日約50本〜100本が抜けると言われています。

この「ヘアサイクル」が乱れると髪の毛が成長期の間に抜けてしまい、薄毛やハゲになってしまうのです。
結果として「育毛」を行うと言うことは、正常なヘアサイクルを維持するために、毛母細胞に充分な栄養を送り続けることなのです。
posted by 育毛対策室 at 01:43 | Comment(6) | TrackBack(0) | 薄毛抜け毛対策の基礎
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。